スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

町のテレホンショッキング~“わたしの人生にキテルこの1枚(冊)”vol.003

町の学級新聞「キテル」WEB企画『町のテレホンショッキング』

この度は、ノンアルコール・ノードリンクでイベントのオープンからラストまで踊り続ける女の子
ナメメメちゃんへとバトンが手渡されました。


この町の多種多様、多世代を巻き込んで気持ちの上では「いいとも」並にバトンをパスしていきますので
皆さん、覚悟しといてくださいまし。


それでは、ナメメメちゃん。
行ってみよう!


image.jpg
(ナメメメ/25歳♀)


 町のテレホンショッキング第3段ということで、KART氏からバトンをもらいました、TUYO-C…ではなくナメメメと申します。はじめまして、こんにちは。松江在住のタダの音楽バカです。私の人生に「キテル」5枚のアルバムを選ばせていただきました。




「NUMBER GIRL /シブヤROCKTRANSFORMD状態」


2eOha.jpg


いきなりのライブ盤の紹介となりますが、私をこちらの世界に引きずり込んだと言える一枚。

高校生の頃、教室で友人にMD越しに聴かせられ、すごい衝撃を受けたのをよく覚えております。

「狂って候」のひさこギターの入りは何回聴いても鳥肌が立つし、「DESTRUCTION BABY」を聴くと、あの通学路でチャリこぎながら聴いたなとか、今でも鮮明に思い出す風景があります。

つまりはナンバーガールは私の青春そのものだということです。




「The ピーズ/とどめをハデにくれ」

41GKEP94CPL__SL500_AA300_.jpg


ピーズハルの書く歌は、正直格好悪い。しかし、このアルバムに救われた人間は私だけではないと思います。がんばれと励ます歌なんかよりもずっと心に響いたし、ここに居場所があったのだと思わせてくれました。この人死ぬんじゃないかという暗くて重くて長いアルバムですが、こいつはずっと連れていきたいです。

-ヘンタイボンジントシヲトレ シニタイヤツハシネ-




「eastern youth/雲射抜ケ声」

TFCC-88147.jpg


イースタンユース、これも高校の頃によく聴いていました。

「砂塵の彼方から」から始まり、「浮き雲」「雨曝し〜」「未ダ未ダヨ」など個人的名曲揃いなアルバム。

泥臭くて、哀愁漂う秋空みたいなイースタンユース、心の底から込み上げてくる衝動のようなものを抑えられないような、叫び出したいような、気持ちになるんです。




「the pillows/LITTLE BUSTERS」

The_pillows_-_LITTLE_BUSTERS.jpg


ピロウズ、名曲名盤が多すぎて正直選べませんでしたが無理くりこれに。ピロウズはBサイドにも隠れた名曲だらけですので困りました。

一時期、ピロウズが好き過ぎて本当に山中さわおになりたかった時もありました。短大の頃は、友人からさわおと呼ばれている時期がありました。

ピロウズについて熱く語る仲間、随時募集中です。




「フィッシュマンズ/空中キャンプ」

417B44ZPBAL__SL500_AA300_.jpg


フィッシュマンズに出会ったのは、佐藤氏がこの世を去ってから何年も経った後でした。

夜に溶け込む消え入りそうな歌い声と、雲の上を歩いているような美しい浮遊感にじわじわと引きこまれて行きました。

また「ロングシーズン」という一曲入りのアルバムがあります。美しくて儚くて優しくて一曲の中にいろいろな物語がある素晴らしい名盤です。




長文駄文、読んでいただきありがとうございました。

次は松江在住の音楽バカ、0谷直に回したいと思います。



vol.02 DJ KART
vol.01 後藤健太

[参考動画]






スポンサーサイト

2013/11/11 20:18 |未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

松江大橋南詰商店街の定食屋さん「喜久屋」

 キテル第二号【特集】「おしえてあげるわたしの町、大橋南詰商店街」で取り上げた店舗を数回に分けてブログに掲載いたします。

 嬉しいことに、キテルを読んで興味を持った、実際に行ってみた!という声をいただいたりもしています。この小さな商店街には本当に魅力的なお店や場所が点在していますので、今ある間に是非立ち寄っていただければ幸いです。


南詰め表紙 タイトルあり






■第一回「THIS IS最高に丁度いいお店″喜久屋”」



 松江大橋南詰のたもとにある知る人ぞ知る定食屋さん「喜久屋」。

 
 外観は青赤黄のカラフルなビニールの庇の上に「喜久屋」と書いてある目立つ看板があり、懐かしさと怪しさを醸し出している。


DSC01515.jpg

 

 ガラガラと引き戸を開き店に入ると店内は至って庶民的な定食屋さん。カウンターには、いつもお決まりの顔ぶれが示し合わせた様に座っていて、その雰囲気・風貌は昭和の漫画を連想させられる程濃ゆいのだけど、これがまた不思議と落ち着く。

 システムは日替りの1、2、3とホワイトボードにメニューが書いてありその中からおかずを選ぶ(他のメニューもあります)ようになっています。


キクヤこんだえてて
キクヤていばんだだ


          
 やはり、ここは1、2、3のおかず三品でご飯とお味噌汁も付けていきたい。(例:ご飯・味噌汁+1品で390円。2品で530円。)

 体に似合わず大きなコック帽を被った優しげな(怪しげな)大将に向かって、常連さんが「1・3」「俺は全部」と口々に声をかけるため、初めての人は戸惑うかもしれませんが、是非ドヤ顔で「1・3で!」と決めてもらいた
い。呑む仲間が居ればおかず3品と瓶ビールでやりながら、ってのも最高。このおかず3品のバランスが丁度良くてご飯にもビールにも合う。this is 最高にちょうどいいのだ!!!

 
キクヤごはん




 何人かの友人で集まると『喜久屋』に行きたい!となる。 行くといつも店の奥にある座敷に行くワケですが、座敷のテーブルが昭和レトロのビニール製のテーブルクロスで畳と座布団の組み合わせがおじいちゃんおばあちゃん家の食卓の懐かしさを彷彿させるかの様で妙に落ち着く。

 座敷からはカウンター越しの大将が見える。大将の動きが伺えて個人的に密かな楽しみでもある。まさに特等席。大将に向かって声を掛けると「はい〜」と特徴ある声とにっこりしている顔はとても優しさを感じ、ゆったりとした雰囲気にほっこりとしてしまう。大将のコック帽姿は松江大橋南詰のゆるキャラにしたいほど(と、勝
手に思っている。)大将は喜久屋の魅力のひとつでもある。

 

 気心の知れた仲での食事はさることながらミーティングや打上げの場としても使いやすく、松江の音楽オーガナイザーが接待にもよく利用している。家族みんなで喜久屋というのもいいかもしれない。 とにかく居心地が良い。美味いものを食べればワイワイと話も弾むし楽しい。みんなで食べて飲んでもお手頃ステキ価格。ホントに安くて何回も行きたいと思えるお店です。食いしん坊とのんべいを満足させるお店ここにあり!(辻陽平)〈続〉

2013/11/05 23:29 |未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

雲南市木次町・シモキタ計画

「シモキタ」計画(亀尾佳宏)


t02200165_0800060012677549245.jpg


 

転勤を命じられたとき、恥ずかしながら次の赴任地がどこにあるのかよくわかっていなかった。

わからなくたって4月からそこで生活しなきゃいけないんだからと、その夜同僚と新しい職場を探しに車を走らせ、意外なほどの近さに驚いた。その年の11月に「雲南市」と名前を変えた町である。

それから10年。年を経るごとにこの町が好きになる。春の桜、夏の蛍。季節ごとに姿を変える山と川。この地にしかない固有の歴史があり、食べ物はうまいし人はあたたかい。数えだせばきりがないけれど、「劇場」があることもまた、この町を好きにさせる理由だ。

2012_04_11_0005.jpg

 

 
雲南市には「チェリヴァホール」という商業施設に併設された劇場がある。

JR木次駅の目の前。松江道三刀屋・木次ICから5分ほど。松江、出雲から車で30分以内。三次からなら40分。米子からなら60分。出雲空港からなら20分。駐車場は無料。交通の便の良さなら島根で一二を争う。けれども、残念なことにアクセスの良さがそのまま利用者の多さにつながるわけではない。

 


「笑われるかもしれませんが―」

そう前置きしたあと、チェリヴァホールの館長さんはにっこりと微笑んで続けた。「僕はこの町をシモキタザワにしたいんです」
 
 

「下北沢」とは新宿・渋谷から十数分のところにある賑やかな町。通称「シモキタ」。

ライブハウスや小劇場がいくつもあり、毎日のようにどこかの劇場で何かが上演され、多くの演劇ファンがその地を訪れる、日本における演劇のメッカとも呼べる場所。

雲南市をそんな町のようにしていきたい、館長さんは確かにそう言った。


かたや東京都世田谷区、かたや島根県雲南市、双方の町を見比べなくとも、あまりに落差のありすぎる比較に笑う人もあるかもしれない。

でも僕はちょっと胸が熱くなった。


東京でも大阪でも名古屋でも福岡でもない、この島根に演劇を観るために県内外から人が集まってくる。

ロビーには開場を待つ人の列、旅館には泊りがけで観に来た来訪者、開演前は劇場付近の食事処で空腹を満たし、終演後は芝居の感想を語りながら酒を飲む。


チェリヴァと木次駅と商店街を小田急線下北沢駅周辺の人波ごったがえす風景と重ね合わせ、わくわくした。


 
 

「公共ホールは利益追求のためにあるのではなく、そこに人が集まり、町が元気になるためにあると思うんです。」館長さんはさらに続けた。

今、その役割を果たしている劇場が全国にどれほどあるのだろうか。


利用率の低下を嘆き、維持費による赤字を批判され、改修の予算はつかず、果ては合理化の名のもとに休館閉館においこまれているところもある。

劇場とは人が集まり楽しむ場所だ。あるいは何かを発信する場所だ。その役割が果たせなくなったとき、劇場は劇場でなくなる。






チェリヴァホールから市民劇を創りませんかというお話をいただいたのはそれからしばらくしてのことだった。


参加者を公募したところ、雲南市はもとより、松江、出雲、大田、米子など、50名をこえるキャスト・スタッフが集まった。お金がもらえるわけでもない、やらねばならぬ義務があるわけでもない。にもかかわらず社会人、主婦、学生といった年齢も生活環境も異なる者たちが夜な夜なチェリヴァホールに現れ、稽古を重ねる。


素人の大集団が一つのものを創りあげようというのだから苦労がないわけがない。

それでも稽古場は笑いが絶えず、早く帰ればいいのに終わった後も時間が許す者たちはまたどこかで集まって遅くまで語り合う。


それはさながら大人たちの部活動だ。

ただただ無心にボールを追いかけたりグランドを走ったりした学生の頃の光景が、チェリヴァホールでよみがえっている。


そうやって完成した2012年「異伝ヤマタノオロチ」は6ステージ1500名、2013年「水底平家」は2ステージ900名の観客を動員した。



 


演劇というのはよく花火にたとえられる。

どれだけ苦労を重ねて創りあげても、開くのは一瞬。
ただそれをみにきた人たちだけのために輝く。ただ消えていくだけ。作品としての形は残らない。


けれどもそれを創りあげてきた時間の中で育まれてきた仲間たちとの縁は終演後も続いている。

桜の季節には花見にかこつけ集まる者たちがいる。声かけあって新しい劇を創り始める者たちがいる。



米子から参加していた若者二人は「異伝ヤマタノオロチ」の終演後に雲南市に移り住み、「水底平家」の稽古期間中に結婚し、披露宴もまたチェリヴァホールで芝居仲間の祝福を受けながら催された。

そして先日、二人は新たな命を授かった。

sakuranamiki.jpg





さて、最初の話に戻ろう。
 


 
雲南市には「チェリヴァホール」という劇場がある。

JR木次駅の目の前。松江道三刀屋・木次ICから5分ほど。松江、出雲から車で30分以内。三次からなら40分。米子からなら60分。出雲空港からなら20分。駐車場は無料。



これまでみなさんにとっては関わりのない場所だったかもしれない。


けれどもそこは、ちょっと足をのばしてのぞいてみると、素敵な物語に出会えるかもしれない場所。





「シモキタ計画」は、まだ始まったばかりだ。

t02200146_0800053012675449440.jpg


【お知らせ】
創作市民演劇『水底平家~再演~』

脚本・演出:亀尾佳宏
主催:雲南市演劇によるまちづくりプロジェクト実行委員会

【場所】
チェリヴァホール(2Fホール)

【日時】
9月14日(土) 18:30開場 19:00開演
9月15日(日) 13:30開場 14:00開演

2013/09/12 10:55 |未分類COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

キテル第二号発刊!!!

ブログが発表が遅れましたが、町の学級新聞『キテル』第二号が7月26日発刊されました。


今回は、「松江大橋南詰商店街」や「雲南市木次町」など “町”をテーマとした読み物を中心に構成しています。発刊が遅れた分だけ良いものが出来たと思っています。見かけた際には、是非手に取ってみてください。(キテル編集部一同)


BQegRJfCEAAJcVE.jpg





-キテルとは?-

『キテル』は、例えば小学校の頃に作っていた学級新聞の様なものを目指しています。自分の好きなものをただ一方的に紹介したり、気になっていた場所やコトを社会見学し、記事にしていくという遊び心を全面に押し出しています。

デザインを専門にしている者も居なければ、文章が得意な者も居ない。つまり、全員が“ド素人”。しかし、だからこそやりたいと思いました。難しいことは一切考えずに、好奇心だけを頼りに単純明快に進めていくことを念頭に、ありそうでなかった“町の学級新聞”を季節ごとに発刊していきます。



************************************
キテル第二号
特集:教えてあげる わたしの町「大橋南詰商店街」
コラム:雲南市木次町の「シモキタ計画」(文・亀尾佳宏)
体験記:ロージーのさんぽ(文・矢田佳代)
************************************

【8月現在配布エリア】
[松江市]
今井書店スタジオワンダー田和山店
ラバール
KIKUNOBU
GREENS BABY
もと屋

MARCHE DE SOEUR
かぎや呉服店
jorny
DOOR BOOK STORE
ほんがほんが
でん助
スペインバル テラマチ
Music Cafe Bar 5150
ヴィレッジヴァンガード
スタジオワンダー イオン松江店
EAD 全店舗
Carre
ハイバリー
つなぐ
bagel&cafe Mills
BLAST
繋がる根
そば田村屋
ラバール 田和山店
COOL STRUTTIN'
BOOK&CAFE Fudge
Libere
WORKAHOLIC
FLAVOR
INSECT
島大生協前
松江歴史館喫茶きはる
カレー専門店 亀屯 キートン
イマジン珈琲店
RAMBLE 松江店
in-comme
chum!
Mamecafe
島根県民会館
HAIR MAKE 310
TRIBECA
イエローハット松江店
印度亜
喫茶 竪町映像図書館
タパタパ基地
SOUKA -草花-
ALLIANCE
Bond
GLASSES VALLEY
Jeu
美容室 65
わか竹
松江歴史館
FLARY
Cafe Kubel
Noen
インド料理店 SPICE
こいちゃん家
Tete De Bavard
やだぱん
茶話処 十三夜
熊井の滝そうめん流し

[安来]
やすぎ懐古館一風亭
安来市立図書館
わたなべ牧場 みるくハウス

[雲南]
チェリヴァホール
ラメール
深谷温泉

[出雲]
リコレクションズ
ブックセンター コスモ出雲店

[米子]
Hasta Latina
cafe cocotea
めがねのスエツ
Plus
Grassonion
365
Makina
STANCE
ヴィレッジヴァンガード イオン米子駅前店
bluebird

[鳥取] RAMBLE 鳥取店

[広島] 音楽喫茶 ヲルガン座

[岡山] おかやまっ子

[京都] 喫茶ゆすらご

2013/08/27 11:49 |未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

町のテレホンショッキング~“わたしの人生にキテルこの1枚(冊)”vol.002



578582_222476924544797_808902022_n.jpg
はじめまして、こんにちわ。
後藤君からバトンを渡されました加藤(KART)/31♂と申します。


今回は~町のテレホンショッキング~“わたしの人生にキテルこの1枚(冊)”
とのことなので僕の思春期を彩ったCDを5枚、初めて聴いた年代順に(正確には覚えてないですが)紹介していきたいと思います。


まずは 『THE HIGH-LOWS/THE HIGH-LOWS』

high-lows01.jpg


中学1年生の秋頃に初めて聴いたシングル曲『ミサイルマン』でビリビリ感電した記憶を今もはっきりと覚えています。TVの歌番組でのパフォーマンスも手伝って中1の僕はラジカセの前で震えて歌詞カードを舐めるように見ながら聴いていました。
ずっと好きです。




続きまして『THE YELLOW MONKEY/FOUR SEASONS』

c200062161_l.jpg


中学2年生の秋頃に友達に借りて初めて聴きました。アルバムタイトル曲で1曲目『FOUR SEASONS』冒頭の「まず僕は壊す」とゆう歌詞がとても印象的でした。その他にもシングル曲が良いのは言わずもがなですがアルバム曲『Father』を聴くと涙腺がゆるくなります。




3枚目は『THEE MICHELLE GUN ELEPHANT/Chicken Zombies』

20120524104917PAIzd-M.jpg


高校1年生の秋頃にまずはレンタルビデオ屋で借り、家に帰ってすぐにラジカセで再生しました。
頭をソバットでガツンとやられたようでした。すぐに買い直し、宝物になりました。あのしゃがれた声に刻むカッティング、タイトなリズム。
「つまり気味の楕円形 早いところ終わらせて エンジンみたいに泣けよロシアンハスキー」




そして4枚目は『椎名林檎/無罪モラトリアム』

img_303367_31506509_0.jpg


高校2年生の冬頃になんとなく見ていた音楽番組にギターを弾きながらキレイな人が唄っているじゃありませんか、気になってアルバムを買ってみると初めて耳にする独特の世界観で僕のももいろのハートを狙い撃ちにされました。
「将来僧に成って結婚して欲しい
毎晩寝具で遊戯するだけ
ピザ屋の彼女になってみたい
そしたらベンジー、あたしをグレッチで殴って」このアルバムのハイライトだと思ってます。
いつ聴いてもすごいです。




ラスト5枚目は『The Clash/London Calling』

london-calling1.jpg


これは僕が生まれる前の1979年の作品なのでリアルタイムではないですが、ここまでに挙げたアーティストの好きなバンドに必ずと言っていいほど出てくるバンドでした。当時インターネットもない時代では雜誌やライナーノーツを手がかりにして未知の音楽を手さぐりで探していました。それがこのアルバムです。
アルバムのタイトル曲を友達に聴かせたらジャッキーチェンの曲みたいと言われたこともよく覚えてます(笑)
なんとゆうかまだ高校1、2年だった頃の自分にはすごい刺激でした。
見た目も楽曲も全部。
いろんな音楽を聴くようになったきっかけの一つになった1枚です。



こうやって振り返ってみると全部のアルバムを未だに聴いています。
あの頃はまわりにあまりこんな音楽聴いている友達はあまりいなかったから話したいのに話せなかった。
だけどなんだか自分だけが知っているような気がしてちょっとだけ優越感を感じたりして夢中になって聴いてました。


ちなみに、テレホンショッキングということなので次回は、山陰唯一のサイコビリーイベント主催のTUYO-C君にお願いしたいと思います。














KART info…↓↓↓

ROCKが好きな人のための ROCKパーティー開催!
http://69over.blogspot.jp/?m=0
20130425125206.jpg



2013年5月25日(土)PM10:00-@松江NAKED
「 ROCK OVER 」♪ROCK
DJ: YSG, WATALL, YOK, YOHEYBOYS, KART, and more
BODY PAINT: Tomoe
FOOD: 茢田 知佳
FEE: 2000YEN(1ドリンク付)

2013/05/20 15:33 |未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。