スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

町のテレホンショッキング~“わたしの人生にキテルこの1枚(冊)”

~町のテレホンショッキング~“わたしの人生にキテルこの1枚(冊)”

と題し、

不定期的に町の不特定業種の市井の有志にパスし、紹介してもらうというコーナーです。
第一回目は、キテル編集兼アライバリズム主催の後藤健太。つまり自分です。
なんにしても言いだしっぺからスタートさせるのが道理らしいので・・・。

ちなみに、テレホンショッキングということなので次回は、WORLDS END主催(音楽イベント)のKART君にまわしたいと思います。


それでは よろしくお願いします。





『オモヒデ オーヴァ ドライヴ/七尾旅人』

images2.jpg


“うれしい歌でかき消したら僕はもう帰るね 君の前髪が揺れるから怖くなってしゃがんだ(八月)” 冒頭のフレーズで天才だなと思いました。昨年「リトルメロディ」で、CD屋大賞「入賞」を受賞した七尾旅人の1stシングル。全曲宅録で仕上げた作品であり、細部にまでこだわった音、メロ、そして歌詞が痛々しいくも、強烈に美しく表現されている1枚だと思います。




『C.B JIM/BLANKEY JET CITY』

images3.jpg


名曲揃いの初期のハイライトの様な作品。悪い人たち/3104丁目のダンスホールに足をかけろ/D.I.Jのピストルなどブランキーを語る上で外せないナンバーが数多く収録されています。ピュアな不良が“こうあったらいいな”、“こうであるべき”の世界を詩的に尖りながらも突き抜けた優しさで表現していて、思春期だった中学生の自分に、所謂常識とは別の少し危険だけど素敵な匂いのする世界を見せてくれたのを覚えています。




『CLIMB HIGH/CEMBALO』

41VHGQP4YDL__SL500_AA300_.jpg


高校生当時、ライブハウスではHard Core・ミクスチャー・メロコアといった比較的激しい音楽が主流となっており、V/Aと名の付くオムニバスCDが馬鹿みたいに売れていた。基本、ジャパコアのオムニバスは聴くに堪えない“売れればいい”という節度のないものばかりだったけど、「farm」というオムニバスは好んで良く聴いていた。その最後に収録されていた“ネリチャギ”というバンドは、cembaloの前身バンドであり、一際毛色の違う音楽を鳴らしていた。間もなくcembalo名義で1st mini album「CLIMB HIGH」をリリース。ジミヘンやツェッペリンを彷彿させるギターサウンドにメロディアスでストレートの日本語詞がマッチした音楽で、ラウドミュージック主流のインディーズ音楽シーン(当時の)において唯一無二の音楽を鳴らしていた(と思う)。何年経っても色褪せない大切な1枚です。




『フラ フラ フラ/SION』

41WD35QVWHL__SL500_AA300_.jpg


高校の頃に、オッサンに借りた1枚。最初は聴けたもんじゃないと思いました。トム・ウェイツの様なシャガレ声に、眠くなるテンポの楽曲。ウイスキーと革ジャンに無精ひげで陰気な印象を受けた。悲しい日にSIONの歌は寄り添ってくれる。そして小さな声で“そういうこともあるさ 生きてっからね”と、肩を叩いてくれる。SIONの歌は例えていうなら1人で行ける店であり、いつもそっと相槌をついてくれる友達の様な存在であります。特に、収録曲ラストの「がんばれ がんばれ」は、そっと肩を叩いてくれる不思議な力をもった1曲です。



『FLRESH/犬式』

images4.jpg


名盤は長い時間をかけてセールスを伸ばしていく。この1枚は、正にそんな言葉が相応しい。モノづくりという観点で見れば このアルバムがこのバンドにとってのある意味での到達点であった様に思う。というより、この作品を上回るアルバムは作り手にとって大きな天変地異でも起こらない限り生み出せない。それほどの快作であり、日本音楽史に残る名盤であります。事実、このアルバムを機に彼らは「細胞分裂(活動停止)」と称し、各々別の道を歩みはじめている。東日本大震災と原発事故、価値の根底で大きく揺れ始めている今だからこそ、改めて、世の中になってほしい1枚だと思わされます。



[参考動画]








アライバリズム
“冷めた意識から醒めた意識へ”をコンセプトに(自称)ご当地フェスティバルとして不定期開催。

次回は6月9日(日)アライバリズム~世界の果てまで連れてって~@松江大根島HOMEで開催。

001.jpg

前回に引き続き、海の家大根島『HOME』で開催する自称ご当地フェスティバル“アライバリズム(ALIVE A RHYTHM)”。今回のゲストに登場するのは現在インディーズシーンのセンターラインを全速力で駆け抜けるバンド“SEBASTIAN X”と、山陰ではお馴染みとなりつつあるキングジョーをDJに迎えてお届けします。初夏の海の家での開催ということもあり、当日は屋外にてバーベキューや、貸しボート・釣りなども楽しめます。思い思いの時間を過ごしながら、音楽は勿論、地の利を活かした文化・景色も併せてお楽しみください。

ゲスト:SEBASTIAN X/DJキングジョー
LIVE:GREEN PEACE/森山らきあ
DJ:エンペラー梅木/KART/YOHEY BOYS
装飾・KIDS:安達紗耶可(キテル)
出店:グリーンズベイビー他募集中

MORE…http://blog.goo.ne.jp/gotoukenta_1983

2013/05/15 14:26 |未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

町の学級新聞WEB:森山らきあ「Little Future」インタビュー


rakiaphoto.jpg

森山らきあ/ミュージシャン
島根県雲南市出身。うお座。
フォーク/ブルースをルーツに独特の歌世界を表現するシンガーソングライター。
生命力のある楽曲とナチュラルであたたかな歌声が聴く人の心を魅了する。
2009年よりライブ活動を開始。2010年より全国各地に舞台を広げる。
これまでに近藤房之助や奇妙礼太郎などさまざまなアーティストと共演。
自身も地元にてイベント主宰などを行うなど精力的に活動している。

*2012年FM山陰v-airあまばん準グランプリ
*同FM番組内にてプッシュアーティストにも選出
*2013年3月 1stアルバム「 Little Future 」をリリース
*2013年2月ひらたCATVに出演予定


※2012年12月。町の学級新聞『キテル』特派員がアルバム発売間近のミュージシャン“森山らきあ”を突撃取材。以下は、その時のインタビュー内容です(現在配布中の本紙記事と重複)。





img-2012-36rakia1.jpg
大阪・東京でのバンド活動を経て、2010年より地元山陰に戻り、心機一転、シンガーソングライターとして本格始動を始めた“裸喜亜(らきあ)”。山陰最大級の野外音楽フェスティバル「DAISEN MONDO」出演や、FM山陰が主宰するあまばんコンテスト準グランプリ受賞など、地道でありながら確かに“歩”を進める彼が、満を持しての1st ALBUM「Little Future」をリリース!「裸喜亜」から「森山らきあ」へと改名し新章へと突入した意気込み、そしてアルバムへの思いを聞いてみた。


思いきりよく名前を変えましたね。結構、あの賑やかな名前が定着しはじめてたのに(笑)

愛着はあったんですけど、これから県外とかでも本格的に活動するし、老若男女だれにも届けれられるようにと思って改名させてもらいました。


今作「Little Future」の制作過程において、かなりの心境の変化があったと言ってましたよね?

途中までは自分の気持ちだけで作ってた部分はあったんですけど、やっぱり震災が起こってからいろんなことを考えるようになったりして「歌」よりも「生活」の方が大事になりました。
「生活」を大事に過ごしていた中で今度は友達が調子悪くなってしまって、今度は震災よりもそっちの方が大事になって…。
2011年は周りの人たちと一緒でいろんなことが起こったから、そのあいだ制作はずっと中断してましたね。



収録曲の中で、特筆するエピソードなどがあれば教えてもらえますか?

「ただいま、おかえり」という曲があって、みんなが何千回も何万回も聞いてきた言葉をタイトルにした日常的な曲なんですけど、実際の中身は、震災の起こった内側で重症で入院した友達とのやりとりをそのまま歌にしています。
もちろん震災のことも頭にあったし、生活のことも頭にあったし、いろんな人が動いてることも頭にあったんですけど、その友達の手術が成功した後、生命力があふれるメールをくれて一番感動して。だからそのメールのやりとりがそのまま歌になっています。



個人的な感想としては、収録曲2曲目の「ミャージック」が面白い曲だなと思いました。やたらと風通しの良い曲ですよね?これに纏わる秘話があるのだとか・・・。

ただ「ミャージック」って歌いたかったっていう(笑)。
みんな音楽のミュージックは歌ってるけど、「ミャージック」って歌ってないじゃないですか(笑)。
誰もやってないことをやりたかった(笑)。
とても大事にしてた猫が死んだんですけど、ずっと外に出してやれなくて一生男を知らなかったんですよね。
でもそれを強いてきたのは僕と家族で。3回ほど外の猫と恋をしたことがあったんですけどその時は凄く狂ってて(笑)。
その猫のやりたかった事を思いながら作ったら「ミャージック」が出来ました。



DSC_0107.jpg





「Little Future」というタイトルにはどういう思いが込められていますか?

「リトル」っていう言葉には「小さい」とか「子供」という意味があると思うんですけど、
子供の時に思い描いてた未来というかそういうのを表したかったんです。
曲の歌詞の中にも出てくるけど、「力を込めて投げればいいさ」というフレーズがあって、
キャッチボールをやってる時には何も考えずに相手に向けて思いっきり玉を投げるじゃないですか。
そういうことを忘れたくないなとも思うし、もう1回やりたいなって思って。…キャッチボールがしたいだけ(笑)今この時代にみんなと(笑)。



アルバムを手にした方に一言お願いします。

これからも僕のろくでもない音楽人生に少しでも力を貸してください。あ、これ奇妙さんが言ってたヤツ(笑)。
えーっと、なんにも確信的なことは言えないんですけど少しでも僕の歌に触れてもらって勇気が出たり仕事が愛おしくなったり人間が愛おしくなったりいろんな気持ちになってほしいです。



地元ミュージシャンとして活動されてますが、山陰のミュージシャンで尊敬する人はいますか?

ミュージシャンじゃないですけど、音楽を信じてコンサートやイベントを作ってくれているオーガナイザーさん達を尊敬してます。
ミュージシャンは、、、頑張りましょう(笑)。



山陰の音楽シーンに対して、最後にメッセージをお願いします。

とても窮屈で音楽を信じる人たちに夢を与えてるとは思わないです。きっとやるべきことは自分の力で汗をかいて新しいシーンを作ることだと思ってます。
だから一緒にやるときがあったら音楽を信じてくれる人たちのために意見を交わしましょう。
あと、みんな笑われながら歌ってほしい。かっこいいこととかステータスのあることだけじゃなくて笑われてほしいですね。
笑われるくらいの音楽を作ってほしいです。




裸喜亜として活動をはじめて3年余り。僕は、ずっと彼の音楽を聴いている。彼の音楽は人生に対する「YES」の歌であると常々思う。とても優しく、同時に恥ずかしさが残る。派手ではないけど嘘はない。
そして、アルバムのタイトル通り、より身近な世界をしっかりと掬い取ろうとしていつも足掻いている。
何事も本当の気持ちっていうのはどこか恥ずかしいものであり、人に笑われる様なものなんじゃないだろうか。
彼の音楽はある意味でずっと笑われ続けてきた様な気がするのだ。
地元でイベントを続けて10年以上が経ち、はじめて地元で推せるミュージシャンと巡りあえた。(聞き手:後藤健太)

INFOMATION


03061430_5136d48729d3d.jpg
森山らきあ / 1st Album「 Little Future 」
2013.3.20発売 / 1,900(taxin) TCR-01
http://moriyamarakia.com
total 0853-24-9798 (Trycorp)
[取扱店舗]
[出雲]リコレクションズ(古本流通センター)
[松江]誉
※ライブ会場、HPを主に販売予定

ライブ日程
3月28日(木)『アライバリズム』
with奇妙礼太郎/雲の劇団雨蛙
会場:松江市大根島HOME
03061334_5136c747d8e92.jpg


4月19日(金)『音食タイム』
with原田茶飯事
会場:大田市カフェPo
03061408_5136cf4ff0f6c.jpg

4月20日(土)
with原田茶飯事 
会場:米子市cocotea
03061358_5136ccffd2d39.jpg

2013/03/12 21:47 |未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

創作市民演劇『水底平家』

昨日、雲南市の木次チェリヴァホールへ3月16日、17日に行われる創作市民演劇『水底平家』の稽古場を見学させていただきました。



脚本・演出は三刀屋高校演劇部顧問の亀尾佳宏さん
キャスト、スタッフは演劇を作りたいという有志総勢60名が仕事終わりに手弁当で自主的に駆けつけている様子でした。


ほぼ毎日続く稽古や、小道具や大道具の舞台作り、 メンバーが1つの舞台を作るという意思を共有してなければ先ず成り立たないだろうなと感じました。

o0640048012444290040.jpg
o0640048012445537483.jpg


良い年した大人たちが やや前のめりにながらも大真面目に何かを作り上げていくという思いは、キテルや、アライバリズムの初期衝動とも重なり何だかこみ上げてくるものがありました。


創作市民演劇『水底平家』は来週3月16日と17日に開催されますので、お時間の空いてる方は是非足を運んでみてください。



個人的には、宍道駅から発着する1両(単行)編成の電車で遠足気分で行ってみたいなと思っています。

kusuki_futuu1.jpg





******************************************
創作市民演劇『水底平家~みなそこへいけ~』会場:雲南市木次チェリヴァホール

2013年3月16日(土)《昼の部》13:30開場 14:00開演 《夜の部》18:30開場 19:00開演
2013年3月17日(日)《昼の部》13:30開場 14:00開演

******************************************


町の学級新聞「キテル」は、第二号(5月発刊予定)に向けて、協議している最中ではありますが より広い視点をもって 町のこと、今、キテルことを発信していこうと考えていますので 引き続きよろしくお願いいたします。

2013/03/08 23:02 |未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

発刊にあたって

はじめまして。

いよいよ本日15日(金)発刊いたしました島根発の地方季刊紙(フリーペーパー)『キテル』
今回は初投稿文として、発刊にあたっての経緯を簡単に書きたいと思います。


『キテル』は、例えば小学校の頃に作っていた学級新聞の様なものを目指しています。自分の好きなものをただ一方的に紹介したり、気になっていた場所やコトを社会見学し、記事にしていくという遊び心を全面に押し出しています。デザインを専門にしている者も居なければ、文章が得意な者も居ない。つまり、全員が“ド素人”。しかし、だからこそやりたいと思いました。難しいことは一切考えずに、好奇心だけを頼りに単純明快に進めてきて何とか発刊することが出来ました。

情報過多な時代の反作用として、どんな物事に対しても如何に大変かを先に並べてしまう癖がついてしまっている様に思えます。だからこそ、『意外と簡単』と、いい歳をした大人たちが少々前のめりになりながらも、オカシミのある事を大真面目に取り組んでいけたらと思いました。

また、『キテル』はジャンルや価値観を飛び越えた有志(一般人)で運営しています。この指止まれ方式で、「こういうものを書いてみたい!」という方が居ましたら、気軽に声をかけてください。是非一緒に、デタラメなことをやっていきましょう。








創刊号の内容は以下の通りです。
山陰のお店を中心に随時配布していきますので見かけた際には是非手にとってみてください。尚、配布店舗の一覧や、紙面で紹介しきれなかった情報等を不定期ではありますがブログに上げていきますので、併せてよろしくお願いいたします。

************************************
キテル創刊号
特集1:懐かしさと羨ましさの交差点『一畑パークへ行こうZ』
特集2:出雲在住のミュージシャン森山らきあ 処女作『Little Future』発売直前インタビュー
レビュー:若手イベントオーガナイザーが選ぶBEST TRACK2012(寄稿・音結び/F.E.E.L/FRENTTE!!)
コラム1:ロージーのさんぽ『食堂カルン紀行』(文・矢田佳代)
コラム2:ももいろクローバーZ(辻陽平)
************************************

発行:キテル編集部(松江市白潟本町7「誉」)

BDEs65ICcAAQ8Wj.jpg
(昨日、今井書店田和山店CDコーナーにて)

【3月11日現在配布店一覧】
[松江]
aviguon
アライアンス
アルトスブックストア
EAD
EAD(CAFE & BAR)
井上楽器
Ivi cafe
印度亜
ヴィレッジバンガードSATY店
water works
かぎや呉服店
Cafe Kubel
cafe vita
髪や
COME CHEZTOI
喜久屋
KIKUNOBU
喫茶&BarLAG ~Air on G-Living~
来待ストーン
COOL STRUTTIN'
GLASSES VALLEY
グリンズベイビー
ことこと
鷺や
さくら
佐香や
335
GB'S BAR学園店
島根県民開館
島根県立図書館
島根県立美術館
jorny
スタジオワンダーSATY店
スタジオワンダー田和山店
スパイス
曽田文庫
そばのふなつ
だけ食堂
竪町映像図書館
タパタパ基地
チョッピーノキッチン
テルサ
つなぐ
つねまつ酒店
teshina
Tete De Bavard
TRIBECA
なぎさ公園
なくりあ
naked space
ハイバリー
梅庵
白鳥号乗船乗り場
ハナレイマジン
バナナボイス
パルス楽器
pianoman
ピッコロ
美容室たしろ京店店
福丸
Book cafe fudge
ふの食堂
フレーバー
ぶんぶん堂
hair ask
PELT
HOME(大根島)

honga honga
Bond
マタリ
松江イングリッシュガーデン
松江市民活動センター
mills
MARCHE DE SOEUR
MIX
メルシー
もと屋
ゆずり葉
吉田写真堂
ライブハウスB1
ラバール田和山店
RAMBLE
Libere
和田楽器

[雲南]
チェリヴァホール
ラメール
 
[出雲]
APOLLO
一畑薬師
今岡美術館
ヴィレッジヴァンガード ゆめタウン出雲店
area due
開眼堂
Cafeまるこ
GREEN GREEN
コスモ出雲店
シマネヤ
神門通りおもてなしステーション
2nd Streat
平田本陣記念館
古本流通センター(リコレクションズ)
レストラン ひろ
ローソン平田駅前


[米子]
Hasta Latina
Arco
グラスオニオン
365
COCOTEA
DARAZ FM
TSUTAYA角盤町店
TEEDA
ドドド
THE PARK
passeggiata
Makina
ラフズ
LAND & YEARS
ル ショコンドール
 
[鳥取市]
アジパイ
食堂かるん
ボルゾイレコード
森の生活者

[倉吉市 ]
夜長茶廊

[大阪]
アンヅ

2013/02/11 17:48 |未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

««BACK  | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。